現場とは、建設の場合、建設工事現場のことを指し、大型工事の場合は、仮囲いの内側が工事現場です。工事現場は銅板などを使用してできた仮囲いに、車両と人用の仮設通路を設けて、安全第一の文字や企業の宣伝などが入った現場シートといわれる幕で覆います。ある規模以上の構造物のケースでは、建築基準法で高さ1.8m以上の仮囲いを設けることが義務付けられています。

現場のスタッフには、大工、鳶、植木・造園職人、左官、土木作業員などがいます。現場スタッフを守るために、建設現場には安全や健康を守るための安全衛生管理体制が構築されています。雇い入れる際には雇用主によって安全衛生教育が実施されます。さらに、新しく建設現場に入る作業者については、現場の状況、作業概要、危険箇所、現場の決まりなどの教育が行われます。

その他、現場では、正しい服装や保護具の装着が求められます。正しい服装とは、清潔で体に合っている作業着を身に付け、保護帽を正しくかぶり、あごひもをきちんとします。加えて、安全靴、安全地下足袋など、履き物は現場に適したものを履き、ズボンははみ出さないようにします。労働災害は大きな経済的な損失をもたらし、損失額が1億円以上になることもあります。利益を上げるために安全をおろそかにしてしまっては本末転倒です。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。