「オブジェクト」(object)の元の意味は「物」「対象」「目的」などである。ビジネスにおいては、特定されていない「モノ」を表す言葉として使われることが多い。

特にIT業界では、「オブジェクト」を「コンピューター上で処理や操作の対象となるデータ集合や図形などといった何らかの実体」といった定義となっている。ソフトウエア開発の考え方の1つに「オブジェクト指向」がある。その他にも「オブジェクトコード」「オブジェクトファイル」などと使われている。

建築では、建築が「オブジェクト」であるかなどの議論が交わされている。一例として、建築家の隈研吾は『反オブジェクト―建築を溶かし、砕く』という著書を出版している。
建築設計で用いるCADには「オブジェクト」という用語がある。意味は「CAD上で操作できる形状を持つもの」。図形や線だけでなく、文字などもオブジェクトの一種となる。

なお、「オブジェ」(objet)はフランス語で、英語の「オブジェクト」に相当する。もともとは抽象的な創作表現をした作品、転じてそのような技法を用いて作られた置物なども「オブジェ」と呼ぶ。一定基準以上のオブジェは建築基準法の対象となり、建築確認などが必要となる。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。