ねごは、ネゴシエーションの略称で交渉や商議を意味しています。具体的には、請負予定者が提出してきた見積もりで提示された金額を予算と合致させるために、建築主と請負者が交渉することを指しています。この交渉において建築主側は、代理人として設計者を立てて交渉するケースが多い傾向にあります。また、見積もりで提示された金額を予算に合わせる意図としては、建築主が費用を予算内に収めたいという願望があります。

よって、ねご自体は1回だけではなく、2回、3回と行われるケースもあります。ただし、単価の見直しや、仕様変更をしないなどといった根拠の薄いねごでは請負者ともめてしまうこともあるので注意が必要です。請負側も人であるため自己中心的な要望は通らないので、仕様の変更や支払い条件などを整えてからねごを行うと良いでしょう。

加えて、請負者が利益を減らすことなく減額できるように、請負者が納得できる根拠も提示するとねごがスムーズに進む可能性が高まります。具体的には、工法の変更を提示することなどがあげられます。その他、ねごには入札が不調になった時に、発注者が適格者を選んで見積もり条件や金額を交渉し、契約するという意味もあります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。