モザイクとは石・ガラス・陶磁器・木などの小片を寄りあわせて絵や模様を表す装飾技法で、古くから建物の内外装や壁画にも多く用いられている。建築用モザイクタイルの製造が日本で始まったのは明治時代とされ、大正時代には大衆浴場などを中心に広く普及した。

陶磁器の産地でもある愛知県常滑市、瀬戸市、岐阜県多治見市などで盛んに生産され、多治見市は現在もモザイクタイルの生産量全国一位である。日本工業規格(JIS)では平物の表面積50㎠以下のものをモザイクタイルと定義しているため、小口タイル(108×60mm)はタイル、50mm二丁掛(95×45mm)はモザイクタイルという分類になる。さまざまなサイズ・形状があるモザイクタイルだが、一般には30cm四方の台紙張りをしたユニットタイルとして販売されている。浴室や台所などの水周りに多用されてきたモザイクタイルはユニットバスやステンレス流し台の普及によって姿を消したが、近年、デザイン性の高さを再評価する動きもありガラスや大理石を用いた商品も登場している。

モザイクの製作では大理石などの小片のことをテッセラと呼ぶ。よく似た言葉にテッセラタイルがあるが、このテッセラは割り肌という意味であり全く別の言葉である。

モザイク

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。