第三者が、業務実施者の業務の進捗状況や実績を測る場合は、監視を意味する。業務実施者本人がセルフモニタリングとして行う場合は、確認を意味する。セルフモニタリングの場合、業務内容が要求水準に沿って履行されているか、事務的なミスの有無などを確認する主観的目的が強く、第三者による監視の場合、プロジェクト全体を通した流れや工期など、より俯瞰的に評価を行うことができる。どちらの場合にしても、その手法は業務によって様々である。

モニタリングは設計段階、工事段階など、それぞれの工程毎に設けられることがある。行政が実施する官公庁工事においては、その手法が行政から提示されている場合が多い。セルフモニタリングは完了検査や竣工検査など、建築基準法等で定められる検査とは別に、各業務段階において、異なる立場の人間の検査を設けることで、人為的なミスを未然に防ぎ業務の手戻り発生を防ぐことができる。

第三者の実施するモニタリングは、俯瞰的にプロジェクトを監視することで、業務フローや事業コスト、事業期間の見直しを行うのに有効である。第三者によるモニタリングは近年PFI事業にも取り入れられており、国土交通省からガイドラインも発行されている。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎