見切りとは、建築物の内装・外装問わず、あらゆる仕上げ部分の切れ目・境界線のことになります。そして見切り部分に使用する材料を見切り材と呼んでいます。

見切りの種類として大きく3つに分けると「床見切り・壁見切り・天井見切り」などがあり、見切り材として使用する材料も「ステンレス製・アルミ製・木材製・樹脂製」など、さまざまな種類があります。

見切りの中でも一番イメージのしやすいのが床見切りになります。住宅を例えにすると「フローリングとタイルの境界」・「フローリングとタイルカーペットの境界」・「フローリングと長尺シートの境界」・「フローリングと石張りの境界」などがあります。オフィスを例えにすると「石張りとタイルの境界」・「長尺シートとタイルカーペットの境界」などになります。

このように2つの違う仕上げ材を突き付けて施工すると、見た目も施工性も悪くなってしまいます。境界をキレイに見えるように仕上げるため、使われるのが見切り材となり、一般的に多く使われるのはステンレス製の見切り材になります。

また「床と壁の見切り」・「壁と天井の見切り」などもあり、床面と壁面がぶつかる場所や壁面と天井面がぶつかる場所にも見切り材が使用されます。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。