Mマークとは、公益財団法人日本住宅・木材技術センターが認定する丸太組工法による木造建築物用接合金物規格に合格した時に表示されるマークのことです。木造建築物の部位や、仕口や継手に使われている接合用金物に関する規格のことを指します。Mマーク認定品はログハウスなどで使われています。

日本住宅・木材技術センターが定めているのは、木造住宅の耐震性能を確保しながら、木造建築物の仕口・継ぎ手に使われている鋼材などの材料からなる接合方法で、機械的な接合の役割を担っており、なおかつ構造上の耐力等を負担する機能があるものを対象にして、各種検査表や製品見本、製造工場実施調査などに基づき審査を行い、供給体制・製品・生産体制の品質を評価、認定されたものがマーク認定品となります。

一般住宅によく使われている筋交いプレートやアンカーボルトなどよく見られる金物のほとんどは認定をクリアしているものです。日本住宅・木材技術センターが定めているマークは他にもあり、木造軸組工法用の接合金物規格について承認されたものはZマーク。枠組壁工法用の接合金物規格について承認されたものはCマーク。

CLTパネル工法用の接合金物規格について承認されたものはXマーク。などがあります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎