「mixed」とは、「混ざった」「混合の」などの意味を持つ英単語である。カタカナで表記する場合は、「ミクスト」または「ミックスド」となる。

「レディーミクストコンクリート」(ready-mixed concrete)とは、工場でセメントや骨材を混ぜた状態のコンクリートで、まだ固まっていない打設前のものをいう。「レミコン」とも略される。

「生コン」と「レディーミクストコンクリート」は同じものと言って良い。しかし、「フレッシュコンクリート」と「レディーミクストコンクリート」は区別すべきである。「フレッシュコンクリート」がまだ固まっていないコンクリート全般を指すのに対して、「レディーミクストコンクリート」は工場で練り混ぜられたものに限られるからである。

「ミックスドリアリティ」(Mixed Reality)は「MR」と略されることが多い。日本語で「複合現実」と訳される。VR(仮想現実)やAR(拡張現実)と対比されるが、MRはその中間とも位置付けられる。
建築業界では、設計の段階でミックスドリアリティ(MR)が用いられる。工事関係者が現場に行かなくても、MR技術による立体画像でイメージを共有できる。ゴーグルなどのデバイスを使用することで、設計図などの資料を見ることも可能となる。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。