欠損とは、一部が欠けることを意味しますが、建設においては断面欠損を指すことが多いです。断面欠損とは、既設物があることによって断面が小さくなることを意味しています。例えば、木材の凹凸を組み合わせる際、4方向から梁がくると柱本体の部分が著しく少なくなり、強度に問題が生じることもあります。申請許可どおりの施工を実施しないと、違法建築と指摘される可能性もあるので注意が必要です。構造物の一部が欠けていることも断面欠損といわれていますが、構造上、この位置では欠き取りが禁止という場所もいくつかあります。

また、木造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造それぞれで断面欠損は起きます。ただ、特に木材に関しては部材同士を組むので断面欠損が起きやすい構造として知られています。木造の断面欠損には、仕口部、接合部の切り欠きによるものなどがあります。鉄骨造の断面欠損については、高力ボルト接合の貫通孔によるもの、スリープによるものがあります。鉄筋コンクリート造の断面欠損については、スリープによるものや開口によるものがあります。

その他、建築環境や壁の仕上げなどの分野でよく使われる言葉に、遮音欠損や、断熱欠損があります。目地部分に遮音欠損があると遮音性能を低下させることがあります。また、断熱材を除去した部分は、断熱欠損となってしまいます。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。