勝手違いは、前後左右などが反対になっている時の状態を表す言葉です。具体的には、引き違い戸の左右を取り違えている時などに用いられます。一般的には元の図に勝手違いの図形を描いて、寸法や加工指示のみ勝手違いと省略することが多い傾向にあります。これは図形を見れば左右か上下なのかわかるからです。

また、勝手は、建具などの動くものが動く方向のことを意味しています。例えば、開き戸が手前に開くケースでは開き勝手が手前と表現します。加えて、引き戸の建具が右に引かれるケースでは右勝手といいます。引き戸に関しては引く動作によって勝手が決まりますが、内開きのケースでは異なります。吊元が左にある時は左勝手、一方で右にある時は右勝手と表現します。外開きのケースは室内の外に立って引くので、内開きのケースと異なり、室外側からみます。室外側からみて吊元が左にある時は左勝手、右にある時は右勝手といわれることが多い傾向にあります。

その他、ファンコイルの図面で、コイルは同一の勝手とすると表記されていることがあります。この場合の勝手は、ドレン配管の取り出し口など配管の取り出し方向を意味しています。冷温水などの出入口方向を各コイルとも同一で考えることだとわかります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。