建築においてメンブレンという言葉は、防水と耐火において使われます。メンブレンはもともと薄い膜を意味します。

メンブレン防水工事とは、建物の屋根や屋上・バルコニーに施す防水工事の1つで、耐水性のある素材で全体を覆う防水の方法です。塗膜防水・シート防水・アスファルト防水などがあります。

塗膜防水は、現場で液状の防水材料を塗って、化学反応を起こして防水の膜を作る方法です。ウレタンやFRP(ガラス繊維強化プラスチック)などを用いる。仕上がりは丁寧だが、均一な厚みの膜を作るのが難しい。

シート防水は、塩化ビニールやゴムでできたシートを接着剤またはビスなどで張り付ける方法です。下地を選ばずに施工できるが、突起が多い場所などには向いてないです。

アスファルト防水は、合成繊維不綿布にアスファルトを染み込ませ、周りにもコーティングしたシート状のルーフィングを用いた方法です。長く採用されている工法だが、手間やコストがかかるります。

メンブレン型耐火構造とは、木材を石膏ボードなどで覆って耐火性能を確保する工法を用いたものです。室内側から見て柱・はり・枠材などを隙間なく防火被膜材で覆うようにします。木造軸組工法または枠組壁工法によるもので、特に住宅では多数の施工例があります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。