「マテリアル」の元の意味は「物質」「物体」。ラテン語で「物質」を意味する「materia」が、英語の「material」(マテリアル)へと変化した。

英語の「material」には「物質」「物体」の他に、「原料」「材料」や「素材」「生地」「器具」「用具」といった意味もある。ビジネスシーンでは「マテリアル」を主に「原材料」という意味で使い、社名に「マテリアル」が付く企業もある。服飾業界では「マテリアル」が「生地」という意味でも使われている。

建築業界では、「原料」や「材料」という意味で「マテリアル」を使う場面がよく見られる。ただし、インテリアにおいては「マテリアル」を「素材」として扱う場面もある。

インテリアのプレゼンなどでは「マテリアルボード」というものが用いられている。壁紙やタイル、家具の素材やカーテンの生地など、ボードに小さな実物の素材を貼り付ける。実際に建築に使用するものの質感を確認してもらうことで、顧客にインテリアのイメージを共有してもらう役割がある。
建築業界でもSDGsへの取り組みが進み、「マテリアルリサイクル」が行われている。「マテリアルリサイクル」とは、廃棄物を回収した後に選別して素材ごとに再加工し、新たに原料として再利用すること。アスファルト廃材やコンクリート塊などがリサイクルされている。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎