マンホールとは、地下にある設備を点検、管理するために人が出入りする穴のことです。鉄蓋、受け枠、調整部、斜壁、スラブ、直壁、底部などから構成されています。水道管や汚水用の配管、火災発生時の貯水槽、消化用の水道管、ガス管などそれぞれ用途別にわかれており、必要に応じて点検、管理ができるようになっています。より小さいものにハンドホールがあります。工具や手だけを入れて作業ができる小さな穴です。

マンホール全体が工場製品で、工期の短縮、安定した品質、工事費の削減などを目的として、昭和55年に日本で最初の組み立てマンホールが誕生しました。日本のマンホールのふたは、世界トップクラスのクオリティを誇っています。

ふたがぴったりとはまる「勾配受け」といわれる技術が開発されており、騒音が起きにくい構造となっています。ふたの材質は、「FC(普通鋳鉄)」、「FCD(ダクタイル鋳鉄)」、「FRP(繊維強化プラスチック)」などがあります。ふたの強度は、「低耐蓋」、「中耐蓋」、「高耐蓋」などにわけられています。ふたは、さびにくい鉄製となっており、歩行者や車が滑らないように模様が付けられています。ふたは普段外部から開閉できないようになっていて、専用の工具を使わないと中に入れません。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎