長切れ(ながぎれ)とは、鉋(かんな)などの刃物が、切れ味が長く続くことを言います。長切れとなる鉋は良質な刃を持ち、研ぐ回数が少ないことから作業を中断する回数も減り、作業効率が高くなります。一般的に鉋の刃は鉋身(かんなみ)と呼ばれ、軟鉄(なんてつ)と刃の部分に鋼(はがね)を鍛接(たんせつ)して出来ています。表側は軟鉄で頭部側を厚くし、幅を広げて鉋台の溝に据え付けられます。

良い刃とは、切れ、粘り、長切れのバランスが大切です。鉋の刃の斜めの部分をしのぎ面と言います。砥石の作業は、荒砥(あらど)、中砥(なかど)、合わせ砥(あわせど)の3段階に分けられます。荒砥は刃が欠けた場合に粗削りを行う際に用います。普段の鉋の手入れは中砥から始めます。

中砥用の石を水に漬けておき、小さな気泡が出なくなるまで水をしみこませます。鉋の刃のしのぎ面を砥石に当てて、角度を一手にしたまま研いで行きます。押す時には力をいれ、しのぎ面が丸くならない様に引く時には力を抜きます。刃の角度は30度ほどとなります。角度が鋭いほど良く切れますが、同時に脆く(もろく)なります。中砥、合わせ砥でしのぎ面の研ぎが終わったら、裏面も研いで完成となります。良い研ぎで長切れを保つことになります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。