ロフトとは、部屋ではなく「小屋物置スペース」や「屋根裏部屋」を意味している。

建築基準で は、天井高 1.4m 以下・床面積をロフトがある階の 1/2 未満に収めるよう制限がある。もし、 ロフトの床面積がロフトのある階の 1/8 を上回る時は、各階の壁の量を 多くしなければならない。

デメリットは、天井が低いので温度や照明の調整が難しく空気がよどむ・扇風機や照明器 の位置を考える・物の出し入れや掃除がしにくいので、掃除機や簡易な掃除道具を置いてお く。

メリットは、限られた面積で有効に活用できる・下の階から上をみると部屋全体が広 く見える・法定床面積にロフトは入らないので、固定資産税の費用がついかされない・居住 と寝室や趣味など空間を分けられる。

不向きな人は、面倒くさいがりな人は、ロフトの分の掃除が増える・体調が悪い時、階段の 上り下りでけがをすることもある・高いところが苦手な人。 物件に向いている人は、荷物が多い人は、収納できる・片付けが苦手な人は、1 次的に荷物 をロフトに置けるので、急な来客が来ても隠すことができる。

活用方法は、ペット部屋 ・ 物置 ・趣味部屋など。 ロフトを作るリフォームにかかる費用相場は、50~100万円程度

ロフト

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。