天端は「てんば」と読む。上端(うわば)とも。対義語としては「下端」(したば)などが考えられるが、あまり建築では使われる表現ではない。建築用語としては、「構造物の最上部」または「部材や部位の上面」という2つの意味で使われている。
構造物の「天端」は、最上部の面になっている部分を指す。ダムや堤防、擁壁などで天端が見られる。
ダムの天端には、ダム管理用の道路が通されていることが多い。国道や鉄道がダムの天端を通るケースもある。
堤防では洪水を防ぐために天端がかさ上げされる。擁壁の上部は、内部に雨水などが浸透しないように天端コンクリートなどで仕上げる。
部材や部位を水平にした場合、上面となる部分が「天端」である。最も高い部分という意味でも「天端」が使われることもある。単純に高さを知るためだけでなく、建築基準法に満たしているかどうかの判断材料にもなるため、天端は必要な情報である。
「基礎天端」「梁天端」「スラブ天端」などと使われている。それぞれ「基礎天」「梁天」「スラブ天」などと略して呼ばれることも。
設計図では、スラブ天端を「SL」、高さを「H1,000」などと表す。「H」は高さ(height)、「1,000」は1000ミリ(1メートル)という意味。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。