灯篭は「とうろう」と読み、日本における伝統的な照明器具のことを指します。主に屋外で使用するため、風で火が消えないように紙や竹、木材、石、金属などで光源を囲うような形に作られています。

外部に設置されるものを灯篭、屋内で使用するものを「行灯(あんどん)」、外部で携帯するものを「提灯(ちょうちん)」と分別します。灯篭は仏教の伝来とともに中国から伝わり、日本においては寺院や神社を中心に広まったとされています。

現代では仏教的意味合いだけでなく、街灯や庭園など日常的なものから景観美を目的とした観賞用など、灯篭の利用先は多様性に富んでいます。
灯篭の種類は非常に多く、代表的なものに石で造られた「石灯篭」があります。形状によってさらに種類は細分化され、春日灯篭、雪見灯篭、遠州灯篭、綾部灯篭、岬灯篭などが挙げられます。

灯篭のなかでもお墓に設置されるもののことを「墓前灯篭」といいます。仏式では丸い形状のものが、神式では角型のものが多く見られます。古くは、故人が無事に神仏の元へ辿り着けるようにといった宗教的な意味合いを持ちました。かつて街灯の少なかった時代、お墓参りに訪れる人々が迷わないようにするための道しるべとしての役割も担っていたとされています。しかし、現代ではお墓の景観を良くするため、デザイン面が重視されるケースも多いようです。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。