ランドスケープ(Landscape)とは、造園などの外構工事のことを言います。本来は景色や風景という意味があり、街や建物との調和を図りながら敷地内の植栽や舗装、ベンチ、遊戯施設などの配置計画を行います。ランドスケープは建物と街の境界にあたることから、建物から見た庭のありかたと、街の公園的な機能の2つの要素があります。

主にテーマやコンセプトに沿った樹木の選定、配置を行い、敷地の出入口から建物への導線を考慮して計画をします。地域の環境保護のためにビオトープ(Biotop)を設けることもあります。小川や池の配置によりメダカやホタルも住める環境を整えることで、そこで集う人々との環境共生も図ることを目的としています。

防災的にも樹木を配置することにより、火災時の延焼防止にも役立ちます。阪神・淡路大震災では、公園の樹木やフェンスの蔦、生垣により、住宅が火災から守られた事例もあります。また、雨天時には雨水の浸透により地域下水道の負荷低減も図られます。さらに、貯留槽を設け雨水の一時的な流出抑制を行い、普段はビオトープやグランドとしての機能も持たせる事例もあります。景観のみならず機能を持ったものが多く、建物と同様にその設計手法は様々です。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。