陸は、建築分野においては「ろく」と読み、水平であることを意味しています。水平ではないことや凹凸が存在することを、不陸(ふろく、ふりく)といいます。例えば、「コンクリートの表面に不陸がある」などと使われます。表面に凹凸ができてしまうと、凹部分には水がたまってしまうなど汚れが沈殿してしまいます。一方、凸部分は傷みやすくて汚れやすくなってしまいます。加えて、材料同士の接合面が不陸の状態だと、一部に応力が集中してしまい、予想外の破損が生じることもあります。よって、不陸を避けるのが一般的です。ただし、水を扱う場合だけは少しだけ特殊です。水を流す必要がある時は水はけをしっかりと確保する必要があるので、正しい水勾配をとりつつ、凹凸のない床面の仕上げをします。

また、陸は建物の状態を表す言葉のひとつですが、陸以外にも建物の状態を表す言葉として「矩(かね)」や「撥(ばち)」、「通り」などが存在します。矩は、直角を意味しています。撥は、そもそも平行であるはずの線が広がっている状況のことを意味しています。通りは、一直線になっている状態のことを意味しています。

その他、鉄筋コンクリート造の建物で採用される平らな屋根のことを「陸屋根」、水平に打つ墨のことを「陸墨」といいます。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。