ラミネート加工とは、紙をフィルムで覆うことで表面に水をはじく効果をもたせたものを言う。完全に防水できるものではないので、水場で使用する時はフィルム素材に耐水のものを選ぶと良い。

ラミネート加工の種類が大きく分けて2つあり、あり、紙の片面だけ加工するコールドラミネートと 両面を加工するホットラミネートがある。コールドラミネートは、紫外線カットがされてい て長期間使用するのに適している。ツヤがあるもの(グロス)とツヤがないもの(マット)があ る。 ホットラミネートは紙の裏表両面からしっかり熱圧着するので、防水力があがる。ラミネート加工の方法は、①業者に依頼する②業者のラミネーターを借り店舗で行う③ラミネーターを 購入し社内で行う、の3つである。 最近では、ラミネートよりラミフリーと言われるレーザープリンターやレーザータイプカラー複合 機でプリントできる耐水紙が使用されている。ラミフリーの構造は、紙を特殊なフィルムで挟ん でいて、完全防水加工となる。ラミネート作業の手間が削減できる。

一般的にラミネート加工が禁止されているものは、紙幣・切手などの有価証券。公文書をラミ ネート加工すると文書の効力が失われる。業者によって加工ができない用紙もある。

ラミネーター

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。