JVとは、ジョイントベンチャー(共同企業体)の略称になります。建設企業が単独でデベロッパーから受注をして、工事を請け負うのではなく、複数の建設企業が共同で工事を受注することです。主に2~5社で行われることが多いです。

このメリットとしては、資金力・技術力・労働力など、あらゆる分野でお互いの企業の強みを活かしつつ、弱みをフォローし合って大規模な工事を行うことが可能になります。単独の企業では請け負えない工事もJVすることによって幅広い工事が可能となります。

よくある一般的な例をあげてみます。鉄骨造の建築物で見て行くと「商業施設・オフィスビルなど」があります。商業施設・オフィスビルは鉄骨造の場合が多く、さらにショッピングモールなどは大規模な工事になるのでJVが多く採用されます。

ある一つの企業は、鉄骨造の建築物に関して実績や技術力があるものの、内装工事や仕上げ工事に関しては、あまり技術力がなく受注できない。

ある一つの企業は、内装工事や仕上げ工事に関しては実績や技術力があるものの、鉄骨造の建築物に関しては、あまり技術力がなく受注できない。

そんな場合に、この2つの企業がJV(共同企業体)となり、お互いの弱点をフォローして、強みを活かすという工事が出来るようになるのです。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎