「接合部」とは、2つの部材をつなぎ合わせた部分のこと。同じ素材同士だけでなく、異なる部材をつなぎ合わせても「接合部」と呼ぶ。溶接してつなぎ合わせた部分は「溶接接合部」、柱と梁とをつなぎ合わせた部分は「柱梁接合部」(ちゅうりょうせつごうぶ)などという。

建築物は工場などで部材を製作してトラックなどで運ぶため、部材の大きさが限られる。そのため、建築現場で部材を接合する必要がある。よって、どの建築物にも「接合部」がある。

接合する方法として、ボルトなどを使用する機械的接合、接着剤を用いる科学的接合や溶接接合などがある。近年は、接合部を摩擦処理して高力ボルトで締め付ける、高力ボルト接合が採用されるようになった。
木材の場合、釘や接着剤、木ネジや金物などが接合に使用される。その他にも、接合部を凹凸に加工して接合する継手(仕口)がある。蟻継ぎ・鎌継ぎ・大栓継ぎなど、その種類は多い。

建築基準法には、接合部に関する規定がある。耐震性を確保するために、適正な構造設計をしなければならない。強度に問題がある場合は、接合部にピンなどで補強する必要が生じる。
住宅の性能評価では、接合部に関する試験が実施される。具体的には、柱梁接合部の引張耐力・筋かい先端部の仕口の引張試験・ラーメン構法の接合部試験など。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎