ジブとは、アーム型クレーンの竿の部分のことで、ブームと同義語となります。一般的には旋回台に取り付いた竿部分をブーム若しくは主ジブと呼び、屈折した部分から先のアーム部分を補助ジブまたは単にジブと呼ぶことが多いです。クレーンの多くの仕様書にブーム(主ジブ)とジブ(補助ジブ)と言葉を分けて長さを記載しています。一般社団法人日本クレーン協会では、ジブと言う言葉で統一しています。固定式のジブクレーンは、塔型・門型、低床、クライミング式に分類されています。

いずれもアーム型の竿をもっています。塔型は高い搭状の構造物の上に降伏するジブを乗せたものとなります。クライミング装置は持っておらず、主に造船所等で用います。門型はジブ両端を柱脚で支えたものになります。低床は地面の直接基礎の上にローラパスと呼ばれる旋回レールの上に巻き上げ装置、起伏装置、バランスウエイトを取り付け、そこからジブが伸び出ています。主にふ頭の荷役用として用いられます。クライミング式はタワークレーンとも呼ばれ、高層ビルの建設の際に、必要に応じてマスト継ぎ足し、常に最上階で資材の楊重に用います。移動式のクレーン車には箱型の伸縮ジブを用いています。ラフタークレーンとも呼ばれ、エンジンでジブと車両を動かします。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。