日本工業規格とは、昭和26年制定の法律に基づいて実施される日本の国家規格である。略称であるJISと呼ばれることが多い。
なお、2018年より名称が「日本産業規格」に変更となった。略称であるJISは変わっていない。
旧JIS規格では、鉱工業品の品質の改善・生産能率の増進・生産の合理化などを推進することで、公共の福祉の増進に寄与することを目的としていた。日本工業規格から改正された日本産業規格では、鉱工業品だけでなく、電磁的データ・サービス・マネジメントシステムも対象となっている。

JIS規格を取得するまでには、申し込みを含めるとおよそ3〜4ヶ月ほど。長期間の製品試験が求められる場合などは、さらに時間が掛かるとされる。日本品質保証機構のホームページでは、JIS認証料金表が公開されている。
鉄筋コンクリート造や鉄骨造で扱う材料は、ほとんどがJIS規格品である。木造建築物はJASで認定されたものを使用。JISとJASどちらにも認定されていない材料でも、国土交通大臣認定品として認められていれば使用できる。
また、製図に関することもJISで規格化されている。使用できる用紙・図中の線・寸法を表記する記号なども定められている。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。