絶縁体とは、電気や熱を通しにくい物質のことである。多くは電気を通しにくい物として絶縁体という言葉が使われるが、熱を伝えにくい物質という意味でも絶縁体という言葉があることに留意しなければならない。
電気を通しにくい物体として、木や紙、ゴム・プラスチック・ガラス・空気などが挙げられる。これらを絶縁体として呼ぶことが多い。不導体や不良導体とも。

ゴムはケーブルの被膜、ガラスはグラスファイバーなどとして使われる。変圧器や遮断器などには、気体の絶縁体を使用。
地中埋設工事に用いられるケーブルには、電線を架橋ポリエチレンで覆って絶縁したCVケーブルが現在多く使われている。軽量で敷設工事や保守点検がしやすいため。

熱を伝えにくい絶縁体には、グラスウールやロックウール、発泡プラスチックなどがある。電気に対して絶縁の物体は熱にも絶縁であることが多く、特に真空は熱絶縁体として優れている。
熱絶縁工事とは、ビルや商業施設にある設備機械や配管を対象として、目的に合わせて保温工事や保冷工事などを行うこと。空調や衛生設備などの配管やダクトに断熱材や板金などの外装材を巻き、熱の拡散を防ぐ。熱絶縁施工技能士という、熱絶縁工事を専門とする国家資格がある。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。