建築においては、一二三は「いんにっさん」と読んで使うことが多い。「いいにっさん」「いーにっさん」「いんにいっさん」とも。

もともとは1寸2分×1寸3分の断面を持つ細長い木材の俗称である。1寸2分・1寸3分の「1213」から1をひとつ省略して「123」としたものを、「いんにっさん」(または「いいにっさん」など)と呼ぶようになった。

現代ではmmを単位として採用している。そのため、一二三は必ずしも36mm(1寸2分)× 39mm(1寸3分)とはならない。30mm×40mmを一二三と呼ぶことが多く、地方によっては27mm×40mmなども一二三と呼ばれるので注意が必要。

一三一五(いっさんいんご)などとともに、間仕切の下地や天井の野縁組みなどによく使われる。和室の天井に使われる廻り縁など、化粧材としてもよく使われる部材寸法である。

一二三はあくまでも部材寸法を伝えるものなので、特に材種を指定するものではない。そのため、「スギの一二三」「ヒノキの一二三」などといった使い方となる。

ただし、建築物によっては準不燃以上の材料を使うことが義務付けられているため、その場合は間仕切りの下地や天井の野縁などには軽量鉄骨(スタッド)を使う。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎