イニシャルコストとは、「初期投資」を意味する言葉です。建築業界では不動産の購入費、建築費などがそれに該当します。対となる言葉には、ランニングコスト(維持費用)があります。

イニシャルコストは、不動産投資の分野で特に重要視されます。というのも、コスト回収までの期間に直接関わるためです。イニシャルコストは、往々にして高価になりがちです。適当に設定すると、不測の事態で回収不能になりかねません。安全にコスト回収するためには、慎重に設定する必要があります。

ただし、イニシャルコストの安易な削減には弊害があります。費用削減を目的とした、安価で粗悪な資材の選定。それによる修繕費の増大などは、その典型例といえるでしょう。イニシャルコストとランニングコストは密接な関係にあります。どちらも軽視せず、バランスよく考えることが重要です。
イニシャルコストの関連職業としては、不動産投資業があります。特に仲介業は、イニシャルコストの知識が必須といえるでしょう。もちろん、個人的に投資を行う場合にも重要です。

建築設計に携わる人にも、イニシャルコストの知識は必須です。資材価格や性能に関する知識は、より良い提案に繋がります。効率的なコスト削減は、顧客満足度の向上にも役立つでしょう。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎