イモ付けという言葉は、ほぞなしで鴨居や敷居などの部材を釘などによって留めたものを意味しています。鴨居は、和室で障子や襖などをはめ込むための丈夫に取り付けられた横木のことです。敷居は、障子や襖などをはめ込むための下部に取り付けられた部材のことです。

ほぞは、木材や金物などの部材を接合する際に、片方の部材に開けた穴にはめ込むためにもう片方の部材に作る突起のことです。つまりイモ付けは、部材に開けた穴にはめ込むための突起がなく、鴨居や敷居などの材料を直接釘などで留めたものを表しています。

また、似た言葉に「芋継ぎ」という言葉があります。部材の断面に継手を付けて、他の部材の断面と接合する工法のことを意味しています。例えば木材のように周りの環境の変化によって伸縮するような素材では、時間が経つと空間ができてしまうことがあります。

したがって、それを見越して空間ができないように継手を作ることが重要だとされています。芋継ぎでは、片方の部材にほぞを作って、もう片方にほぞ穴を作ることで接合できるようにします。ほぞを作って接合できるようになるという点で、ほぞがないイモ付けとは異なるので混同しないように注意が必要です。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。