ハンプとは建築用語で、道路の上に設置される構造物の総称です。目的は自動車の速度軽減で、さまざまなものがあります。国内の事例は多くありませんが、欧米に多く採用実績があります。機能や形状はさまざまですが、車両速度を制限させる障害物です。生活道路改善のため、実証試験による数値基準も整備されました。「凸部、狭窄部及び屈曲部の設置に関する技術基準」と言います(2016年 国土交通省定め)。そもそも「ハンプ」は「こぶ」という意味で、路面にわざとこぶを設け、車を通りにくくするというものです。

ハンプ施工を施すと、一定区間、凸部が路面に連続します。通行車両が揺れ、自然にスピードを落とす効果が得られます。ハンプの目的のほとんどは、車両の走行速度の低減です。そのため、凸部以外にも道路幅を意図的に狭める方策もあります。また、路面を盛り上げ、物理スピードを落とす方策もあります。結果的に歩行者の安全確保にもつながる方策です。

ほかにも居眠り運転防止や運転者の前方注意喚起効果があります。たとえば、カーブ手前で車が揺れれば、意識が集中するでしょう。

ハンプは傾斜部の施工があり、容易とは限りません。また、生活道路のため、埋設物には厳重に注意が必要です。上下水道のインフラは、施工で考慮が必須と認識しましょう。同時に、物理障害による騒音リスクにも意識が必要です。生活圏である以上、設置には沿道住民への説明が欠かせません。どのような効果が得られるかのエビデンスが必要とされます。近年では「立体路面標示」「立体減速標示」なども登場しました。視覚的に減速効果を生むもので、イメージハンプと呼ばれます。

【参考動画】

こちらの動画ではハンプについて解説されています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。