一般的にホッパーとは、上部にある口が広がり下部にいくにつれてすぼまっていく、漏斗(ろうと)状の装置である。上から物を入れて、下の吐き出し口から目的の場所へ流し込むようになっている。ホッパとも呼ばれることも。

円形や四角形の金属製で、用途などに応じて大きさはさまざまである。処理物をベルトコンベアやショベルカーなどで目的の場所まで大量に運べないものを、ホッパーで一度に投入できるようになる。処理物を一定量だけ排出できるようにするという役割もある。
ホッパーに似たものにサイロまたはタンクがあるが、どちらも大量に処理物を貯蔵するという意味合いが強い。ホッパーも一時的に物を入れられる形状になっているが、サイロやタンクよりも容量は小さい。

建築業界においてのホッパーは、土・砂利やセメントなどを一時的に貯蔵し、必要な量だけ下部の吐き出し口から排出するために使用されている。吐き出し口は手動あるいは自動になっている。

揚重したコンクリートなどを受け取り、シュートやネコ車に流すのが「タワーホッパー」である。「グランドホッパー」は、生コンクリートをコンクリートバケットなどへ入れる時に使用する。「フロアホッパー」は、コンクリートバケットなどから排出される生コンを一時的に受けて、目的の場所まで移動させて流し込むものである。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。