寄棟(よせむね)とは、屋根の形式の一つで、4方に流れる勾配を持つ屋根のうち、2方の勾配の頂部に棟を持つ屋根を言います。「四つ屋根」とも言われます。4方の勾配の頂部が1点に集中する屋根は方形(ほうぎょう)と言います。「寄棟」と「方形」をまとめて「寄棟」と言うこともあります。

2方に流れる屋根を持つものを「切妻(きりづま)」、1方のみに流れる屋根を持つものを「片流れ(かたながれ)」と言います。「寄棟」の屋根は正面から台形、側面から三角形、上部からは四角形に見えます。「寄棟」は「切妻」や「片流れ」よりも雨仕舞がよく、日本では古来、宮殿や神社、仏閣などの格式の高い建物に用いられてきました。

奈良の唐招提寺、東大寺の大仏殿、正倉院などにも用いられた工法となります。「寄棟」は、4方向に軒があるために、外壁に日射や雨を直接受けにくくして保護をします。降った雨や雪は分散して、屋根への負荷を低減して壊れにくくします。4方向に勾配をもつことから、あらゆる方角からの強風に対しても、風力を受け流すことが出来ます。「切妻」に比べ、小屋裏の換気口を設けることが難しく、最近では太陽光パネルを設置する場合、設置面積が小さいなどのデメリットもあります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。