生垣とは、生きた植物で作る垣根のことを指します。木を並べて植えていき、垣根、つまり境界にするのです。同じ種類の木を並べて植え、壁になるよう育てていきます。

そのため、丸太や竹などで骨組みを作ることも少なくありません。敷地の道路沿いに植えて、境界線とする場合が多いです。背の高い樹木を植えれば、目隠し対策にもなります。

その他には、庭に低い生垣を作り、アクセントとするケースもあります。生垣の完成後は、刈り込み剪定も定期的に必要です。そのため、メンテナンス面も考慮しながら検討することが大切です。

生垣の特徴として、まずその美しさが挙げられるでしょう。手入れされた生垣には、整然とした美しさやあたたかみがあります。次に、圧迫感が少ないことです。

同じ高さのブロック塀に比べると、圧迫感を感じにくくなります。また、防犯面の高さがあります。植物でできている生垣を乗り越えるのは、意外と難しいものです。

枝が折れる音もするため、防犯効果が高いアイテムと言えるでしょう。

生垣に関わる仕事には、植木屋や造園業などがあります。また、生垣を活かしたプランニングをする場合もあるでしょう。その際は、建物の設計士が関わることもあります。

【参考動画】

こちらの動画では生垣について解説されています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。