建築現場において「はとごや」とは、建物の屋上に設ける凸状の箱のような構造物。形状が鳩小屋に似ていることからこの名称で呼ばれる。
はとごやは屋上のスラブを打設した後にコンクリートで作ることが多い。最近では、工期短縮のためユニット化したプラスチック製ものやプレハブのはとごやも増えている。

はとごやを設置する目的は大きく分けて2つあり、1つは屋上の配管や室外機、電気配線などを保護すること。はとごやが屋上に抜けた配管類を雨風などから守ってくれる。はとごやを設けることで配管を水平方向にできるというメリットも生まれる。
もう1つは、はとごやが配管類の点検口として機能すること。はとごやがあれば配管類の点検が容易となるため、点検のために別の構造物を作らなくても良い。点検がしやすいように、開閉できるはとごやもある。

ただし、はとごやはスラブを貫通する構造になっているため、屋上から雨漏りしやすいというデメリットもある。また、コンクリートではとごやを設置する場合には手間と時間がかかる。
建築基準法では、水平投影面積が建築面積の8分の1以内かつ高さが5m以下の塔屋については、建築物の高さおよび階数に算入しない。よって、はとごやが建築物の高さに含まれることはまずない。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。