案内図とは、設計図書の最初に配置される「付近見取図(ふきんみとりず)」の一般的な表現です。

付近見取図は、建築された建物の場所を中心に、方位や地名と地番、周辺道路、目印となる他の近隣の建物、公共施設、最寄り駅やバス停、河川が記されています。

建設地の地番、及び住居表示番号を表示することが慣例で、建物の位置づけを地図として記した重要な図面です。

付近見取図は、建築物の建築等、または工作物の建設等の際に、縮尺1/2,500以上で作成します。

その他、土地の開墾や土石採取、鉱物の掘削や土地の形質の変更時、木材の伐採や植栽時、屋外での土石、廃棄物、再生資源等の堆積時、水面の生みたてや干拓時に付近見取図を作成します。

建築士法による設計図書には、工事請負契約、建築確認申請、配置図、工事監理報告書、各階床伏図、構造計算書、仕様書などがあり、作成した日から15年間は保管の義務があります。

付近見取図を作成する際の必要条件は、住宅地図や都市計画図を利用して周辺状況が判ること、図面上部を北方向とすること、建築基準法第42条で規定されている道路は茶色とし、それ以外は黄色とすること、芯精緻の境界線は朱色とすること、その他住宅等の既存建物の用途を記すこと、写真撮影は位置と方角を記すこととされています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、
    仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能

    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎
     
    【建設業で転職をお考えの方】建設業に特化した転職サイトをご紹介!
    幅広い職種であなたにあった求人が見つかる!高収入、土日休みの企業も掲載!


    建設業に特化した転職サイトはこちら▶︎