グルニエとは家屋にある小屋裏部屋のことをいい、屋根と天井の間の収納できるスペースのことをさす。屋根裏部屋ともいう。グルニエという言葉はフランス語である。

利用用途は主に収納である。頻繁に使用しないものを収納する空間として利用される。また、子どもの遊び場所や書斎として利用できることもある。グルニエは湿気がこもりやすく熱が逃げにくいため、換気装置の設置・断熱材の利用をする必要がある。

建築基準法での扱いは「小屋裏物置等」とされるが、いくつか規制が設けられている。グルニエの床面積は、下の階の2分の1。天井の高さは1.4mが上限である。上り下りするためのはしごは固定式ではないものとされている。そのため、取り外しができるはしごや折りたたみタイプのはしごを使用する。規制が守られていない場合は建築基準法に反してしまうため、グルニエを新しく設置する場合は注意が必要である。

ロフトはグルニエに似ている空間としてあげられる。ロフトは住宅の天井を高くした部屋の一部分を二層にしてつくった上部のスペースをいう。ロフトとグルニエの利用用途は共通している部分があるが大きな違いがある。はしごが固定式かそうではないかという点である。グルニエのはしごは固定式ではない一方で、ロフトのはしごは固定式。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。