建築においてグローリーホールという言葉はいろいろな用途で使われ、トンネル工事では、小口径の立坑のことをグローリーホールと呼びます。より大きな立坑を掘るためのパイロット立坑にしたり、ずり(くずや岩石・土砂)をこの立坑に落として運搬用にするなどの目的に使います。特にずり出しとして使用する場合、クレーンでの巻上げ作業などを削減できます。

原石の採掘方法の1つにグローリーホール工法(採掘法)があり、露天掘りなどとも言います。山腹に横坑を掘って、鉱床の真下から立坑を貫通させ、ろうと状の立坑中に自然落下させた岩石をふるい分けて貯蔵した後、積込み口からトロッコやトラックで搬出する原石の採取工法です。

平地の少ない山岳地では有効な採掘法とされ、日本の石灰石鉱山などではこの方式が多かった。ただし、費用がかかる・表土などが鉱石と混合しやすい・周囲の植生が失われるなどのデメリットもあります。

ダムやため池といった人造湖には、余分な水を下流に放水する設備を備えており、そのうち取水口が真上に向いたものをグローリーホールと呼びます。放水路へとつながる円筒形の管が、水中から垂直に立った構造をしています。排水時には、流入部周囲の水面にあたかも穴が空いたような光景を見ることができます。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。