釉薬は「うわぐすり」または「ゆうやく」と読む。陶磁器などの表面を覆うための薬品、または表面にできたガラス質の部分をいう。
釉薬にはいろいろな種類がある。草木の灰と土石類を水で溶いた灰釉(はいゆう・かいゆう)が代表的なもので、特に藁(わら)の灰を用いたものは藁灰釉と呼ぶ。

その他にも、銅化合物を使う「銅釉」や、鉄化合物を使う「鉄釉」などがある。液体の湿式と、粉状の乾式に分けられる。反応する熱の温度により、高火度釉・中火度釉・低火度釉という区分もある。
釉薬を使用することにより、ガラスでコーティングされて強度が増す。また、水漏れや汚れを防げる。光沢が出て発色が良くなるので、装飾としての役割もある。

建築では、タイルなどに釉薬が用いられる。真珠のような色彩や光沢が出るラスター釉、焼成中の火炎の温度などにより色彩の変化を起こしやすい窯変釉、つや消し効果もあるマット釉などがある。
粘土で成型して乾燥させた瓦に、釉薬を塗布して焼成したものが「釉薬瓦」(ゆうやくがわら)である。瓦の全出荷量の約8割を釉薬瓦が占める。釉薬を使用しないものは「無釉薬瓦」または「素焼瓦」。
釉薬瓦は多様に発色できるのが魅力の1つである。コーティングにより水が浸透しにくいので、塗装によるメンテナンスは必要ない。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。