ゼネラルコントラクター(General Contractor)の略。直訳すると、全体的な請負人・土建業者という意味になる。日本語では総合建設業者や総合工事業者という意味。ビルやマンションの他、テーマパークや商業施設、競技場など、大型建築を手掛ける会社の総称。

工務店や建築会社とは違い、設計や施工だけではなく技術研究も行っており、建築業界の発展のために必要不可欠な存在である。欧米では設計業と施工業は明確に分業化されており、日本のゼネコンは世界的に見て特異な存在である。

ゼネコン単体では施工能力を持っていないことが多く、サブコンと呼ばれる下請け企業が実際の工事を担う。サブコンは躯体(くたい)専門の業者や電気設備専門の業者など、業種ごとに専門分野を持っている。サブコンが自社の管轄する役割の施工管理を行い、それらをゼネコンが統括管理する。そのため、ゼネコンの現場監督は多種多様な知識を有することが要求される。

売上金額の多寡によってゼネコンとしてのランクが決まっており、売り上げが1兆円を超える大手5社(大林組、鹿島建設、清水建設、大成建設、竹中工務店)、は特にスーパーゼネコンと呼ばれる。以下、売り上げが4000億円を超える企業は大手ゼネコン、3000億円を超える企業は準大手ゼネコンと呼ばれる。売上高3000億円以下の企業を中堅ゼネコンと呼ぶこともある。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。