切妻屋根(きりづまやね)とは2つの屋根面が山形の形状をしている屋根の形状のひとつで、日本のみならず、世界の住宅で多くみられる形状です。2つの面だけで屋根が構成されており、多くの方になじみのある一般的な屋根です。

切妻の妻とは、屋根の端の部分を意味しており、端の部分を切った形状をしているため、切妻屋根と呼ばれています。古くから利用されており、伊勢神宮や出雲大社などの建物の屋根もこの形状で作られています。

シンプルな形になっているので、他の屋根と比べると施工が簡単で防水処理の欠陥が少なく、トラブルが発生しにくいのがメリットです。また、メンテナンスも他と比べると容易であるのも魅力でしょう。新築の際にも、メンテナンスリフォームの際にも、工事費を抑えることが可能です。その他、風通しが良く、換気しやすくなる上、ソーラーパネルを設置しやすいのも特徴です。

一方、妻側(建物の棟に対して、直角に接している側面)の壁には、日光や雨水が直接当たります。よって、妻側の外壁は劣化しやすく、定期的に塗装などのメンテナンスをする必要があり、雨漏りなどに注意が必要です。加えて、東西方向に屋根面がある場合は、ソーラーパネルを設置しても発電効率がよくありません。

【参考動画】

こちらの動画では切妻屋根について解説されています。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。