フローとは、「流動」「流れ」といった意味を持つ言葉で、ビジネス用語としてよく使われている。例えば、経済で「キャッシュフロー」とはお金の流れのこと。IT・コンピューター関連では、データが大き過ぎて範囲内に収まらないことを「オーバーフロー」という。
建築の分野では、まずコンクリート関連でフローが使われる。「スランプフロー」とは、コンクリートの流動性を表す指標。高流動コンクリートで用いられる。

スランプ試験では、水平面に置いたスランプコーンと呼ばれる容器にコンクリートを詰めて撹拌した後、スランプコーンを抜き取る。その際のコンクリートの広がり具合が、スランプフローと呼ばれるものである。

「業務フロー」は、他業種と同様に建築でも重要である。業務フローとは仕事の流れのことで、フロー図やフローチャートのように仕事の流れを図示したものも業務フローと呼ぶ。建築事務所などでは、依頼者などに設計から完成までの業務フローを提示する動きが見られる。
住宅施策においては、次々と新築住宅を建築する流れを「フロー型」、すでにある住宅を活用しようとすることを「ストック型」と呼ぶ。近年では住宅の供給過多などにより、空き家が増えていることが問題となっている。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。