雁行は、鍵型にギザギザと連続している様子のことを意味しています。雁(がん)が棹(さお)になって飛ぶ様子が由来とされています。また、「雁行型」という用語が存在します。マンションの建物の形を表す用語のひとつで、各住戸を前後に少しずつずらして建てる形式です。シンプルな長方形である「ようかん型」と比較して、どの住戸にも3面採光できるという特徴があります。それぞれの住戸の開口部を多く取れます。

さらに、日当たりの良さや風通し、眺望が良くなるというメリットもあります。ただし、向きや雁行によっては隣接の建物の影になってしまうこともあるので注意が必要です。その他、外観的に変化や個性があるのも特徴のひとつです。日差しによる陰影もグレード感をもたらすので良いアクセントになります。加えて、中心部にパティオや吹き抜けを設ける三角型の配置を取れます。したがって、個性ある住宅を作り上げられるのが魅力です。

しかし、雁行型マンションは建築費用が高いことがデメリットとしてあげられることが多いです。さらに冬季は熱の放出、夏季は日射熱の流入が多くなるなどのデメリットもあります。加えて、供給数もようかん型などと比べると多くはありません。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。