建築でいうフランジとは、鋼材の部位または配管のつなぎ目の2つをいうことが多い。はりに用いる部材では、上縁あるいは下縁に板状の部材を設けることがあり、これをフランジと呼ぶ。H型鋼を例にとると、Hという文字の縦の線となる2枚の鋼板がフランジとなり、横線部分となるものはウェブと呼ぶ。

曲げモーメントに対する抵抗力を高めるためにはフランジ厚を大きくし、せん断力に対する抵抗力を高めるためにはウェブ厚を大きくする。水道管やエアコンの配管などをつなぐ際に使う、つば状の配管継手もフランジという。配管の基本的な接続部品のひとつで、配管同士を接続するだけではなく、バルブ・計器・ポンプなどとの接続にも使用される。

基本的には配管の形に合わせて円形になっており、直径・厚みやボルトを通す穴の数などが違い、色々な種類のものが製造されている。材質も鋼鉄製やアルミニウム合金製などさまざまです。

パイプ同士を接続する場合、フランジとフランジをボルトとナットで締結することにより、パイプ同士をつなぎ合わせることができます。とりわけ、配管にフランジを導入することで分解・組立が容易になるというメリットがあります。内部の詰まりなどを清掃・メンテナンスするため、取り外す必要があるので配管に使われます。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。