建付けとは、ドア、障子、ふすまといった建具と、柱や建具枠との納まり具合のことをいいます。納まり具合の状況に応じて、「建付けが良い」「建付けが悪い」と表現します。

建付けが良いと、建具がスムーズに開閉でき、閉めると枠に隙間なく納まります。建て付けが悪いと、建具の開閉時に引っかかりがあったり、開閉そのものが困難になったりするのです。また閉めた際の状態では、建具と枠の歪みが視認できます。
建付けが悪くなる要因としては、家そのものの傾き、建具枠の歪み、蝶番の緩みなどが挙げられます。このような状態になるのは、経年による他、扉や枠に使用されている木材の湿気による伸縮、あるいは地震や地盤沈下による歪みなどが原因と考えられます。

片開き戸で、ドアの小口と枠が擦れるような場合、調整機能付き蝶番であれば、前後、左右、上下の調整ねじを回すことで、ドアを適正な位置に戻すことができます。

片引き戸で、ドアに傾きがあり開閉に支障をきたす場合は、調整ねじを回すことで戸車の出が調整できるので、扉を水平な位置に戻すことができます。

しかし、建物内の多くの建具の建付けが悪い場合は、建物全体が不同沈下などによって傾いていることが考えられます。このような状態であれば、もはや建付けの問題ではありません。家全体の改修を必要としているのです。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。