当たりとは、建築業界では様々な意味があります。

①接触している意味を示し、部材の仕上がり位置を示す言葉となります。床をコンクリートで仕上げる場合、その高さを示すものが「当たり」となります。土間床の金鏝(かなごて)仕上げをする際、部屋の中心にサイコロ状のコンクリートを配置し、周囲にマスキングテープなどで仕上げ高さを示します。左官職人はその高さに合わせて平らに均してゆきます。この当たりのことをレベラーとも言います。

②突出している部分、邪魔な部分を示す言葉となります。壁を仕上げる際に、既定の位置から飛び出た部分を取り除くことを「当たり取り(あたりとり)」と言い、部材間の馴染みをよくします。

③数量の割合のことを言います。「1㎡当たり」、「1坪当たり」等で表わし、建設で用いる部材の数量、価格の目安に用います。塗装工事の場合1㎡当たりの塗料の使用量を示し、塗装面積に応じて総量の算出に用います。防水や仕上げ工事の積算の場合も1㎡当たりの単価を設けて工事費の算出をすることがあります。建築業界の場合、尺貫法の1坪(約3.3㎡)を用いることもあり、建設費を建設する坪数で割った金額を算出し、「1坪当たり」の単価としておおよその目安を示すこともあります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。