見込み(みこみ)とは、正面から見て側面の奥行きのことを言います。襖や扉、窓などの建具では、正面から見た枠の幅を「見付け(みつけ)」、壁との段差を「散り(ちり)」と言いますが、枠の奥行のことを「見込み」と言います。襖や障子の見込みは1寸(約30㎜)、木製建具は1寸5分(約45㎜)となります。壁に取り付く扉の枠の見込みの寸法は、扉の厚さや壁の厚さ、散りの寸法から決定します。

在来木造建築では、柱や間柱の厚さが105㎜、ボードの厚さが12.5㎜、散りが10㎜の場合、105+12.5×2+10×2=150㎜の見込みとなります。既成の建具を選定の場合、カタログ記載の見込み寸から選定することとなります。建設現場では「将来の予測、期待」の意味を持つ言葉としてももちいられます。工事を終わらす期限や、予算のことを指すこともあります。予定通りに終わらない、納まらないことを「見込みが甘い」とも言われます。

人の判断を意味する「見立て(みたて)」や、将来の過程も考慮して結果を意味する「見通し(みとおし)」、想定を意味する「見なし(みなし)」に近い言葉ですが、それぞれ微妙に意味が異なります。建築用語以外では、見込みは茶碗の内側の部分のことも言います。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。