根伐り(ねぎり)は、建物の基礎や地下室などを施工する際に、地盤面下を掘削して必要な空間を造り出すことを指します。一般的には地面を30cm以上掘ることで、敷地を切り開くために植物の根を切らなければならなかったのが根伐りの由来です。根切りと表現されることもあります。施工は、一般的に雨の日を避けて行われます。根伐りは大きく3つの種類に分類できます。「布掘り」は根伐りのひとつで、底部の一部を帯状あるいは布状に根伐ることです。「総堀り」は、構造物の底の部分全面を根伐ることを意味しています。「つぼ掘り」は、柱などの独立基礎の部分だけを掘削することを意味します。

また、根伐りを実施すると大量の残土が生じます。敷地が広い場合は敷地内で処理できますが、狭小地では処理場へ持って行って処分しなければいけないため、コストがかかります。費用の目安は、1㎥当たり5,000円から7,500円ほどです。

その他、根伐りした時の底の水平面を「根切り底」といいます。加えて、よく似た言葉に「根入れ深さ」がありますが、根伐りとは意味が異なるので注意が必要です。地面のラインから基礎の下端までの距離のことを意味しており、捨てコンや割栗石は含みません。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。