もともとの建前の意味は、「相手の立場や気持ちを考え、トラブルをなくす」ことで、相手のストレスを考慮しながらコミュニケーションを行うことです。原則や基本となる方針、表向きの意味が込められ、建前と呼ぶようになりました。建設業界で使う建前とは、棟木の取り付け(棟上げ)と棟木を取り付けた後に行う儀式(上棟式)の2つの意味が入っています。

棟上げとは

基礎の上に柱や梁などの骨組みを組み立てることです。木造住宅では、柱と柱を梁へ繋ぎ、棟木を取り付けします。建物の骨格を形成する重要な作業の一つです。建方、棟上げなどと呼ばれます。初めての現場でも工務店から「棟上げまで終わらせてください」と言われた場合は、1日で建物を完成するといった意味になります。

上棟式とは

棟木の取り付けが終わり、会社によって上棟式を行うところもあります。目的としましては、工事が終わった後のお祝いや、今後の工事の安全を願うためです。施工関係者へ感謝を示すために、施主(建築主)は料理やお酒などを振舞います。現場にいる人以外にも、近所の人を招いて盛大な上棟式を行う地域もあります。

しかし、大手ハウスメーカーからの依頼では上棟式を行わないこともありますので、行う場合は工務店に直接依頼することをオススメします。

上棟式当日の流れ

建前は、縁起のよい日に行われることが多く、基本的に1日で作業を終わらせます。1階部分から屋根までの骨組みを一気に組み立てていきます。豪雨でない限り、雨天時でも建前を行うケースがほとんどです。雨は火消しや幸運が降り込むなど、縁起がよいからです。棟上げが終わると、上棟式が執り行われるという流れです。

当日の朝から棟上げまで

当日の朝から大工さん全員で身体を清める儀式を行い、一気に作業に取り組みます。1日で建物を完成させるので、大勢の人と休憩を交えながら効率よく作業を行います。施主は大工さんに差し入れでお出迎えしていくかたちです。棟上げが行われたら、いよいよ上棟式が始まります。

上棟式の流れ

上棟式が始まる時間は16時からがほとんどです。ひと昔前は、神主を呼んで上棟式を行っていましたが、現在では現場監督や工務店を中心に儀式することが多くなりました。上棟式で必要なものは、神酒、粗塩、洗米などでお清め用として使用します。建物の四隅の部分に神酒などを撒いてお清めを行うなど。地域によっては、上棟式の際にお餅やお菓子、5円玉などのお金なども撒くこともあります。施主が施工関係者に対してご祝儀を渡すのが一般的です。
しかし、上棟式の準備や人件費が掛かることで、上棟式をしない会社もあります。

上棟式の費用

上棟式は施主が工事関係者に感謝をするもので準備もすべて行います。上棟式が初めてで、持ち物や掛かる費用で悩む人も多いでしょう。その場合は、現場監督か棟梁に相談してみましょう。次の表はあくまで目安です。

 

内容 1人当たりの費用
ご祝儀 棟梁 35,000円

現場監督 20,000円

その他 5,000円

手土産 お酒・お赤飯など 1,500円
昼食 お弁当 1,500円
宴会 お料理 4,000円
軽食 飲み物 150円

お菓子 250円

上棟式の服装

上棟式で着る服は、男性ではスーツやネクタイ、女性ではスーツやワンピースなど純粋な服装がベストです。地面が土面の場合は、泥でぬかるんでいることもあるため、動きやすい靴を選ぶとよいでしょう。

雨天の場合は、歩いているときに泥や雨水が服に触れてしまう恐れがあるため、紺色か黒色の服、その上に黒いカッパで目立ちにくい服装がベストです。餅まきをする場合は、滑りにくい長靴がよいでしょう。

まとめ

建前は1日で終わらせるとても大切な日でもあり、施主にとっては自宅を新築してくれる工事関係者にぜひお詫びはしたいものです。お値段はしますが、応援することでよりよい家を建ててもらえるかもしれません。機会がありましたら、やってみてはいかがでしょうか?

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。