柾目(まさめ)とは、木材の材面が年輪に対して直角に切り出し、木目が縦断面で真っ直ぐ平行に見えることを言います。木材の年輪の中心から切り出すことで柾目となりやすく、端部に切り出すほど木目が曲線となり、板目(いため)と呼ばれます。柾目は均一な見た目から、和室の長押(なげし)や天井板に用いられます。

見た目の美しさから、板目よりも柾目の方が高く取引されます。1本の丸太から板材を切り出し方によって、柾目、板目違いが出てきます。単に丸太をスライスすることを「ダラ挽き」と言い、芯の部分は柾目となりますが、それ以外の板材は板目となり、多くの柾目を取り出すことが出来ません。出来るだけ多くの柾目の板を取り出すためには、年輪と直角に板材を切り出す必要があります。

そのため年輪の中心から放射線状に切り出す挽き方をします。また、表面は平行な木目でも、木口(こぐち)部分が年輪と直角となっていないものを追柾目(おいまさめ)と言います。優秀な大工さんは、丸太の木口から半分は板目、1/4は追柾目、残る1/4を柾目にするなど、木のくせを見て最適な材料の切り出しを行ってきました。なお、「適材適所」とは木材の使い分けが語源となる言葉となります。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。