軒とは、建物の屋根で外壁や窓・玄関などよりも外側に突き出た部分をい言います。なお、軒下は軒から下の範囲で軒にからむ外壁や地面まで含み、軒先は軒の突き出た先の部分や家の前の軒に近い場所を言います。軒天や軒裏は軒の天井部分のことで、軒の一部分となります。

通常は建物の外周に沿って連続した形をしており、出入口の上部など部分的に取り付けられる庇(ひさし)とは区別することが多い。また、一般的に和風建築は一軒(ひとのき)であるが、二軒(ふたのき)・三軒(みのき)などの建築物も存在します。

外壁を雨や雪から守り、日差しを遮る役目を持つ。軒がないと、排気口・配管と外壁のつなぎ目・2階のベランダなどから雨漏りのおそれがあります。

軒の長さは、建築面積に影響があまり出ない90cm程度が一般的です。90cm前後の長さが取れれば、雨よけや日よけの役割は十分です。軒が長過ぎると、耐風性が低くなる・デザイン性が低下する・居住面積が狭くなる・コスト高になるなどのデメリットがあります。

近年は軒が短いまたは軒が無い住宅が増えており、敷地面積の狭さや住宅価格の下落などが原因とみられます。軒が付けられない建物の場合、外壁にタイルを貼る・遮熱ガラスを使用する・庇をつけるなどで対応できます。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。