アースとは、接地のことで電気機器と地面などをアース線で接続することをいいます。主に電気機器を利用する人の安全性を確保する目的のために行うことが多く、この作業はアースを取るやアースをするといわれるます。

電流は抵抗の少ない物体へ流れるという特性があります。抵抗が低い地面などに電流を流して人体への感電を防止するものであり、電気保安用接地という。

その他にも目的用途別にノイズ対策用接地・機能用接地・雷保護接地などがある。

身近な物でいえば、電子レンジや冷蔵庫などの電力消費量の多い家電製品の漏電などによる感電防止としてコンセントにアース線を接続するものがあげられる。

現場作業において、電柱・街灯・鉄道などの工事において接地極と呼ばれる金属棒を地面に打ち込み、接地線を接続しコンクリートに埋設する接地工事が行われる。接地抵抗や区分により4種に分かれ、いずれも電気工事士の資格が必要な有資格作業である。

職種によりアースの意味合いも異なります。溶接工では、アーク溶接を行う際に母材(溶接する物)にマイナス側の端子であるアースクリップを接続し電流が流れて溶接できる状態にすることもアースを取るといいます。

  • 簡単すぎる!助太刀アプリであなたとピッタリの現場や発注者の見つけ方

    こんな方におすすめ
    独立・法人化のために仕事を増やしたい、事業を拡大したい、急な案件で人手が足りない、忙しくて協力会社が見つからない、 仕事がない、案件が過去のつながりに依存、同業者とつながりたい

    アプリの使い方
    1 最新の助太刀アプリを無料でダウンロードする
    2 プロフィールを入れる
    基本情報をていねいに入れる事であなたにピッタリな発注者を自動でおすすめします。
    3 理想的な現場を見つけたら発注者とメッセージのやりとりをする
    受発注の両方を利用することも可能
    助太刀で理想的な環境を手に入れましょう!

    今すぐ助太刀アプリを無料ダウンロード▶︎

     
    【職人・工事会社探しにお困りの方必見!】目的にあった職人・工事会社の探し方についてお役立ち情報公開中

    人材の確保が急務になる建設業界で、職人・協力会社を探す手法についての資料を公開しています。 職人・協力会社探しにお困りの方、今後に備えてネットワークを広げておきたい方のお役に立つ情報です。試し読みもできます。

    資料ダウンロード・試し読みはこちらから▶︎


    入力頂いたメールアドレス宛てに資料が自動送信されます。